満足度91.7%の「無駄吠えのしつけプラス+」ドッグフードは動物栄養学博士監修

無駄吠えする犬のストレスとは

子犬無駄吠え

ワンちゃんは非常にストレスを感じやすい動物であり、些細なことがストレス源となります。

 

ストレスによる病気や、無駄吠えなど問題行動を起こさないためには、いち早くストレスの蓄積に気づくことが最も大切です。

飼い主はストレスのサインを知ろう

 

●軽度なストレスのサイン

 

あくび・体をかく・軽度の食欲不振

 

●中度なストレスのサイン

 

吠える・うなる・噛む

 

●重度なストレスのサイン

 

皮膚炎になるほど体を舐める・下痢・嘔吐

 

軽度や中度のストレスでしたら、ストレスになる原因を取り除くことで解消されます。
しかし、重度のストレスになると、体に異変が起きているので動物病院を受診します。

 

ワンちゃんのストレスの原因はこんなにある

(ペットライフ知恵袋)

 

@.散歩や遊びが足りていない

 

A.長時間、留守番させることがある 
  犬は群れで生活する生き物であり、長時間の留守番はストレスになります。

 

B.フードや水を忘れることがある

 

C.避妊・去勢をしていない 
  避妊・去勢をすることで、性欲に起因するストレスは無くなります。

 

D.怒鳴る・叩くことがある 
  叱る・叩くといった行為は犬の問題行動を助長させ、かえってトラブルが増える原因になります

 

E.家族がケンカしている 
  家族のもめごとを見たり聞いたりすることで、犬は恐怖を感じます。
  犬は感受性豊かな動物ですから、飼い主のイライラや不機嫌に委縮してしまうのですね

 

F.寝床が汚い・臭い 
  犬は清潔好きです。優れた嗅覚を持っているため、ニオイ対策は特に注意が必要です。

 

G.室内がうるさい・まぶしい

 

H.部屋が暑い・寒い  
  犬種によっても多少違いますが、夏は22〜26℃、冬は19〜25℃を目安にするといいです。

 

ストレスの主な要因はワンちゃんの体の大きさや犬種によっても異なる場合があります。

 

小型犬(トイプードル・チワワなど)にとってストレスの要因は、騒音や運動のしすぎなどです。

 

中型犬(柴犬・コーギーなど)にとってストレスの要因は、運動量の不足などです。

 

大型犬(ゴールデンレトリバーなど)にとってストレスの要因は、食事量が適量でない、運動不足など

 

ストレスためやすい子犬

 

とくに子犬はストレスを抱えやすいので注意が必要です。

 

しつけやトレーニングを過剰にしてしまったり、可愛いので触りすぎるなどが子犬のストレスになります。

 

「無駄吠えのしつけプラス」は、3つの安らぎ成分でワンちゃんのストレスを軽減します
    ↓  ↓  ↓